タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

エアポートレイルリンクでバンコク都内へ行く【タイ】

AIRPORT RAIL LINK (Suvarnabhumi Station)バンコク

 

スワンナプーム空港駅画像

スワンナプーム空港からバンコク都内に行くにはいづれかの交通手段を利用せねばならない。

エアポートレイルリンクは2010年開通の高速鉄道。当時、開通間もない頃に珍しさから乗車したのを憶えている。

また各駅停車の「シティライン」はバンコク都民の足にもなっている。

 

空港内の駅の場所から見てみることにする。

SPONSOR LINK

 

エアポートレイルリンクは2線に分かれてる

・空港かからマッカサン駅までノンストップで15分(エクスプレスライン)

・パヤタイ駅まで8駅を各駅停車で26分(シティライン)

 

 

当然運賃も違う。

オレは駅員の誘導のまま知らずに「エクスプレスライン」に貸切状態で乗ることになった。当時運賃が150バーツであっというまにマッカサン駅に到着した。速い!

バンコク エアポートリンク画像

  エクスプレスラインの車窓から。快適だった(2010年撮影)

どちらにするかは各自の都合で決めて欲しい。

 

さてここではエアポート・レイル・リンク(ARL)の始発駅、スワンナプーム駅についてふれてみたい。

入国・帰国時に利用される方も多いだろう。

 

 

駅の場所

長いだらだらとしたエスカレーターを下り地下一階まで降りる。早朝ならこのフロアは空いてて人混みから逃れるのには都合がいい。

バンコク早朝過ごし方画像

スワンナプーム空港早朝画像

 

 

地下フロアの飲食

バンコク早朝過ごし方画像

軽食・カフェ・コンビニなども充実しててサッと済ませたい向きには助かる。サブウェイもあるので朝食~まったりもいいんじゃないだろうか。ベンチではフライト待ちの客がネットをしたり寝てたりと各々好きにやってる。

バンコク早朝過ごし方画像

 

 

乗車場所

  • 両替コーナーやマッサージ店それににスイーツ系のスタンドなんかがある賑わいだ方角。
  • 矢印の案内に従えば間違う事はない。当然英語表記なので困ることもないだろう。エアポートホテルもここまでは同じ方角だ。

バンコク早朝過ごし方画像

 

スワンナプーム空港早朝画像

バンコク エアポートリンク乗り場画像

 

SPONSOR LINK

 

チケット売り場

  • 自動券売機が整備されているので並んで購入するだけ。
  • お札は使えないので窓口で行先を告げ購入。(券売機の使いかたが分からない場合も)

チケットはMRT(地下鉄)と同じトークン(オセロのコインみたいなの)。

 

バンコク エアポートリンク乗り場画像

バンコク エアポートリンク乗り場画像

※次回はバンコクにも行こうと思うので最近のバンコクをゆっくり見るつもりである。

 

2016年3月のバンコク訪問 マッカサン駅へ

pattaya-a-gogo.hatenadiary.com

 

 

運賃

・各駅停車「シティライン」 15~45バーツ

・急行「エクスプレスライン」 90バーツ(一律)

運賃は変動することがあると思う。エクスプレスラインは乗客が少なくて下がった経緯があるので。

 

 

運行

月曜~金曜 5:56~24:02

運行間隔 シティライン(各駅)は10分くらいだと思う。

     エクスプレスは45分~60分。

  エアポートレイルリンク 時刻表

バンコク シティライン時刻表画像

 

シティラインは通勤のバンコク都民も乗り合わせるので、時間帯ではスーツケースやバックパックを背負ってると、降りられなくなるかもしれない。

一つ前の駅から準備しておくといいだろう。

 

自分はあせってひとつ前の「ラムカムヘン駅」で降りてしまった。

 

 

では