読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

パタヤ市内の交通手段なら「ソンテウ」に「モタサイ」だ

パタヤはコンパクトでじつは旅行者にフレンドリーな面をたくさん持っている。

パタヤのソンテウ移動画像

それはシーフードに始まる食事、ナイトライフ、マッサージがそこかしこに。もちろんそれもある。

あるのだが、ここで言いたいのは市内の移動、

交通手段についてである。

SPONSOR LINK

 

 

 

パタヤ移動手段のソンテウ

 

パタヤは海側からビーチロード、内陸に並行にセカンドロード(sai song)、ソイブアカオ(soi Buakhao)、サードロードとなる。

 

パタヤビーチの移動はおそらくタイで一番簡単で分かりやすいと思う。

パタヤのソンテウ移動画像

 ビーチロード。直進すればウォーキングストリートである。左からセントラルロードがT字で合流。

 

まずどんな手段があるか

  1. ソンテウ
  2. モタサイ(バイクタクシー)
  3. レンタルバイク(1日/150バーツとかでレンタル)
  4. タクシー(乗り場がある)

ここで勧めたい、覚えとけばもう十分なのはソンテウである。

 

 

 

ソンテウの乗りかた

  1. 手を斜め下に出せば停車する。
  2. そしたら乗り込み降りたいところに来たら、車内のブサーを押すだけである。
  3. 下車したら助手席側から運賃の10バーツを手渡す。(一律)

 ※交渉の必要はない

パタヤのソンテウ移動画像

ブサーを押し下車してるところ。すぐ後ろから2台も続けて来てる。

 

ソンテウは客を探しながら周回してるので止めるのに苦労することはない。

 

ソンテウのルート

ビーチロードをウォーキングストリートへ向い、その手前で左折してセカンドロード(sai song)へ入る。一方通行である。

 

そのままセントラルロード(パタヤカン)を越えて北上し、ソイ1の先ドルフィンロータリーで左折して、再びビーチロードへ入る。

パタヤの物価画像

セカンドロードを走行しソイ6、ソイ2方向へ向かうソンテウ(パタヤカンの交差点)

つまり反時計回りに周回しているのである。

 

SPONSOR LINK

 

 

ソイブアカオのソンテウ

このソイは対面通行でセカンドロードより狭いが南北両方から行き来している。

 

南の終わりパタヤタイそばのマーケット前に始発点がある。

そこからセントラルロード(パタヤカン)で左折してビーチロードへと入る。

またセントラルロード付近にも始発乗り場がる。

 

※もしソイブアカオを北上して、ソイ2ドリンキングストリートなどに行きたいのであれば、セントラルロードとセカンドロードの交差点付近で下車してTops前から乗り換える。

 

soilkgogo.blog.fc2.com

パタヤの物価画像

パタヤカン。セカンドロードとの交差点。右折するとソンテウが溜まってる。

 

パタヤのソンテウ移動画像

Tops前のソンテウ溜まり。ここからナックルア(ノースパタヤ)まで行ったことがあったので、上手くすれば先まで行ける。乗車時に確認してみると良い。

※ただTopsが現在閉店してるので移動してるかもしれない。

 

反対にソイブアカオを南下してパタヤタイ(パタヤ南通り)に出たら右折、セカンドロードへ出る流れもある。

ソイブアカオからウォーキングストリートへ行く時はこの流れが便利だ。

 

 

soilkgogo.blog.fc2.com

 

チャーター

夜間に多いがチャーター、ようするに個人タクシーで運行するソンテウがある。

 事前に運賃交渉が必要だが、急ぎまたはグループだったら割安になるだろう。

以前ウォーキングストリートからソイLKメトロまで間違えて乗ったが200バーツもした。酔っ払ってて10バーツソンテウと勘違いした。

外見は同じなので見極めてから上手く利用してほしい。

チャーターのドライバーはギラついてるから分かると思う。

 

 

パタヤの交通手段画像

昼のウォーキングストリートを走行するソンテウ。おそらくチャーターだろう。

 

夜間など満車のソンテウに乗ってられなかったらモタサイ(バイタク)がいいだろう。

上記の距離で一人50バーツくらいで乗れる。

 

モタサイ

パタヤのモタサイ画像

バイクタクシーのことである。すり抜け運転がちょっと怖いが小回りが利き移動が早いので、便利ではある。

 

一方通行でもソイの途中から脇道を入ってなんなくパスする。それとスーツケースを持っててもドライバーの足元や自分との間にはさみ乗車可だ。

割増になるがLKメトロホテルからスーツケースを挟み「北バスターミナル」まで行ったこともある。100バーツだった。

パタヤパタヤのモタサイ移動画像

わたしのスーツケースに後部座席から撮影したところ

 

さすがタイだ。

 

初めてでもすぐに慣れてその便利さが分かると思う。

 

では! 

SPONSOR LINK