読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

シーフードならナックルアの魚市場でバーベキュー【ノースパタヤ】

ナックルアNaklua) ソイ10 パタヤ北エリア

パタヤ ナックルア画像

パタヤ(PATTAYA)はビーチに面しているのでシーフードを提供するレストラン、屋台なんかもよく目にする。

 

ビーチでパラソルの下に寝てても頻繁に天秤を担いだ売り子がやってきて、一皿に盛ったエビやイカなどを安く買える。

「オレでもリゾート気分に浸れるのか」と思ったのが今思えばパタヤであり、パタヤのシーフードとの最初の出会いだったように思われる。

 

 SPONSOR LINK

 

 

  

パタヤブログ画像

ジョムティエンビーチ。TATTO彫りもやってくる。

 

だがここで言いたいのはナックルア、パタヤビーチから北に上がったノースパタヤのマーケットのことである。

 

soilkgogo.blog.fc2.com

 

場所

ナックルア通りソイ10。

ビーチロード・セカンドロード・それと「北バスターミナル」に行くノースパタヤ通りが交差する、ドルフィンロータリーというのがある。

その先のナックルア通りを10分ほど行く。

 

※ソイとソイの間がかなり広いが不安にならなくても大丈夫。

 

 

行き方

  1. 各々でソンテウをチャーター
  2. ソンテウを乗り継ぎ

この二つで見ていきたいと思う。

 

 パタヤでのソンテウの乗りかたはこちらを

pattaya-a-gogo.hatenadiary.com

 SPONSOR LINK

 

 

まず1のチャーター

これは停車中のソンテウ、もしくは流しのソンテウと交渉して行先をつげ運賃を確認して、「貸し切り」で乗ることをいう。

自分はマイクショッピングモールから友人と2人で100バーツでチャーターして、ナックルア魚市場まで行ったことがある。

 

一人あたま50バーツなら高くはないなと判断。

 

 

2のソンテウを乗り継ぎ

  • セカンドロード終点のドルフィンロータリー辺りで下車しロータリーを渡ってナックルア通りに入る。

そこにソンテウ乗り場があったと記憶。そこから乗車。

 

10分ほど走行すると右手に7-11、左手に時計台のようまものが出て来るのでそこが、「タラート・ナックルア」だ(正式名かは不明)

 

※一度だけセカンドロードからソンテウ直行でナクルアまで行ったことがある。

だがこの見極めは難しい(聞けば分かるだろうけど)ので、乗り継ぎ前提が良いと思う。それでも10バーツと10バーツだけだから。

 

 

市場からパタヤビーチ中心部へ帰る

時計台正面のセブン前辺りがどうやらソンテウ乗り場の模様。ここからビーチロードへ入り周回する。10バーツ

 

パタヤ ナックルアのソンテウ画像

7-11前よりマーケットを撮影。ここが「ソンテ乗り場」のようだ。頻繁に行きかう。

 

パタヤ ナックルアのソンテウ画像

 このセブン向いが時計台。真ん中の通りがナックルア通り

 

ナックルア魚市場

パタヤ ナックルアの魚市場画像

 

パタヤ ナックルアの魚市場画像

いつも昼に行くんだがそこはマーケット、やはり朝のほうが魚介類の鮮度に人の賑わいはあるだろう。

パタヤのシーフード画像

パタヤのシーフード画像

 

それでも自分の好みのエビ・イカなどをチョイスしてその場でバーベキューにして貰えるのはわくわくして楽しい。

パタヤのシーフードバーベキュー画像

 これは買い過ぎ。他にもエビがありとても二人では食べきれなかったので量は慎重に。

 

パタヤのシーフードバーベキュー画像

このテーブルの向かいの店でバーベキューにすれば席に着けるが、そうでなかったら座る権利がないのでその時は公園の芝生に行こう!

 

 

隣接してる公園

パタヤ ナックルア画像

タイのいい所は綺麗な芝生がありそこで飲み食いできることである。もちろんそこで遊んだりも出来る。日本なら立ち入ることさえも出来ず見てるだけの芝生で。

 

ここでバーベキューにしてもらった魚介類・ビールなどを食べる事も出来る。

なんともいい休日の午後である。

 

遊戯施設もある。大人が遊んでもいいだろう。壊さなければね。

パタヤ バーベキュー画像

パタヤ バーベキュー画像

パタヤ バーベキュー画像

 enjoiy !