読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

初めてのタイ旅行なら無理のないタイ料理を

タイ料理を食べる

辛くないタイ料理 タイ飯屋から路上の屋台

 

f:id:Skyfall:20160214191720j:plain

おそらく大多数の人はタイ料理は辛いという認識ではないだろうか。

はい。そうです。

ただすべてが辛いわけでも無く、また辛い物が苦手なタイ人も少なからずいる。

 

初めてのタイでのタイ料理

初のタイで日程も限られてる。辛いのはちょっと・・けどタイ料理を食べて来たと実感したい。そういう人に実際町を食べ歩いた経験をふまえて「普通」~「辛い」を述べさせていただく。

 

SPONSOR LINK

 

 

 タイ人も好きなタイ料理メニュー

タイ人の知り合いがいるせいで何度か故郷のチェンライに遊びに行ったが、「北タイ」ではあまり辛いものは食べない。

 

バンコクの都会でも辛い物を食べるのはイサーン出身者か、南部タイの人間が多いのではないだろうか。

(日本人レベルから見れば十分辛いけど)

 

まず普通

  • カオパット

f:id:Skyfall:20160214193555j:plain

焼き飯である。このままでも美味い。だがライムを絞り横の唐辛子を入れれば尚美味い。

 

  • クィッテアオ(汁麺類)

f:id:Skyfall:20160214184423j:plain

f:id:Skyfall:20160214184436j:plain

上は屋台などで食べれるクィッティアオで下は食堂のバーミー(ラーメン)

今でも不思議だが辛味や酢はわかる、だが砂糖が常にテーブルに並んでる。気が向いた時だけ砂糖を入れるが「素」でも味があり何ら問題がない。

 

  • クイジャップ

f:id:Skyfall:20160214184708j:plain

醤油系のスープに一口大の餅のようなものが入ってる。

 

  • ムーガタ

f:id:Skyfall:20160214185737j:plain

中央で肉や野菜を焼き、週辺にお湯を注いで鍋でもシーフードなどが楽しめる。

MKレストランなどのタイスキのほうが名が通ってるが、自分はムーガタのほうがタイローカルっぽい気がしてお奨めである。

SPONSOR LINK

 

 

予想の範囲だったかと思う。各々バリエーションがあるので飽きることはないと思う。クィッティアオにしても細麺、太麺、汁なし、ラーメンなど。

ただ普通とは言ってもタレなどは辛かったりする。じゃないとタイ人てきには不味いとなるからね。そこは折り合いをつけて欲しい。

 

他にも

カレー(ゲーンキィアオワーン)マイルドな味

f:id:Skyfall:20160214194226j:plain

それに

f:id:Skyfall:20160214194301j:plain

 オムレツ丼?など町には庶民的な美味いメニューはいくらでもある。

 

中辛程度なら

  •  トムヤムクン

f:id:Skyfall:20160214185041j:plain

いわゆる酸っぱ辛いという風味だ。当然だがトムヤムクンはタイ飯屋に行けばパクチーなど当たり前のように入っている。ネギの入ってない蕎麦がありえないように。

 

トムヤムクンがもし辛いとなれば「まず普通」がいいのではないか。

※得体のしれない葉っぱなどは避けてもいい。エビとすり身、それにスープを味わうだけでも十分もとは取れる美味さだ。

 

 

中辛~辛~激辛

  • ソムタム
  • パッガパオ

f:id:Skyfall:20160214185200j:plain

目玉焼きはトッピング。誰しも乗せるよねこれは。

じつはこの二つは「辛い」料理に分類されると思う。「辛いけど大丈夫か?」てきなことをウェイトレスに良く聞かれた。

ただ作る段階で「マイペット」(辛くしないでくれ)と言えば、それなりに辛さを抑えられる。

 

※きほん客が外人の場合タイ人ウェイトレスなんかは「マイペット?」(辛くしないですか?)てきなことを聞いてくれる。

そのとき「マイペット」とでも注文してもいいかも。

 

無理して食べれない「辛さ」のものを食べて体調崩してもせっかくの休日がもったいない。無難で構わないと思う。

 

 

ただソムタムなどまさにタイ料理と言えるので、タイで「辛さを避ける」と言うのはごく上っ面のタイ料理しか食べれないので、気分を味わうだけに終わることになるのは致し方ないと諦めるしかないだろう。

 

自分は最近パッガパオを「辛くしてくれ」と念を押して注文するが、特別な辛さの耐性を持ってない日本人でも慣れるものだ。

 

辛さが苦手なら「まず普通」からタイの味を堪能して欲しい。

 

では!