読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

この円高にスワンナプーム空港で高レートでタイバーツへ両替えするには

SPONSOR LINK 

 

EXCHANGE at スワンナプーム空港(両替え)2016

タイの表玄関スワンナプーム国際空港に着陸して無事入国審査を済ましさぁタイ入国。

まず何をするだろうか?

リピーターの諸氏であれば前回の手持ちがあるかもしれないが、大方の旅行者ならばタイバーツへの「両替え」ではないだろうか。

 

そこでスワンナプーム空港の「高レート両替えサービス」を探してみたい。

 

 

  よければこちらも合わせて

pattaya-a-gogo.hatenadiary.com

 

銀行系

一番目に付くのは銀行の出張所である。各国の貨幣のレートも表示され両替えの目安とされる。

もちろん日本円の両替えも可能だ。

スワンナプーム空港で両替え画像

 

デメリット

  • 総じて銀行系はあまりレートはよくない。手数料が高いので手にするタイバーツの額は少なくなってしまう。これに尽きると思う。

 

メリット

  • 銀行系は何と言ってもそこ彼処で目に付くので並ぶこともなくすぐ済ますことが出来る。
  • そこで急いでバンコク都内への移動を考えてるならば、1万円(3,480バーツ)、5千円(1,740バーツ)など当座必要な交通費・飲食費の限定された額だけ変えるのも手だ。

すぐ移動したいなど利便性を取り少額(限定)を変えるのが良いと思う。

とっても便利!キャッシュパスポート

 

 

スワンナプーム空港の高レート「私設両替え商」

さて本題である。

いつのまにか空港にも出店していた私設両替え商がある。それも2軒。

ほぼ都内のレートと変わらないと見られるほどの高レートを提示してるので、勢い行動の幅が出て来た。

 

 

利用価値

空港から長距離バスでパタヤ・コチャーンなどに向かう、もしくはドンムアン空港に移動してエアアジア等のLCCでタイ国内の地方都市への移動を予定している。

そういう場合でもタイバーツは必要だ。

タイ激安旅行画像

だが地方には高レート両替商など見当たらない。銀行系での両替えとなる。

ドンムアン空港もまた然りだ。

旅の予算5万円~10万円単位をタイバーツに変えたい、ならば少しでもレートが良い方がいいとなるのが心情だ。

SPONSOR LINK 

 

 

 

場所 地下一階 エアポートリンク「改札」横

バンコクのエアポートリンク乗り場画像

 ここを下り正面が改札口で左手に両替え商の店舗が並ぶ。

 

ハッピーリッチ(HAPPY RICH)

自分が行ったときはこちらのハッピーリッチしかまだ開いてなかった。だがレートはどちらも同じなので空いている窓口に並べばいいと思う。

スワンナプーム空港の高レート両替え屋画像

 

 

スーパーリッチ(SUPER RICH)

高レート両替商で名の通ったスーパーリッチ、 「チットロム」界隈にも数店舗を構えご存知の方も多いかと思う。

 

スワンナプーム空港のスーパーリッチ画像

 

ハッピーリッチに遅れてシャッターが開いた。正確なオープンは知らないがここを通ったのは7:30であった。

混んでるのは店舗が手前にあるからだ。サービス内容は変らない。

 

 

タイへ円高旅行画像

 

パタヤで両替え(PATTAYA)

pattaya-a-gogo.hatenadiary.com

 

先日パタヤから帰国したがこの地での両替えならその利便性に高レートを考えると絞られてくるかと思う。

 

TTカレンシー(TT・Currency・Exchange)

ビーチロード、セカンドロード、ソイブアカオを歩いていれば自然と何軒も目に入ってくるTT、パタヤの両替えを考えるならここで問題ないと思う。

パタヤの両替え屋TTカレンシー画像

朝の10時に「本日のレート」の札を変えてる最中。TTカレンシー(パタヤ)

 

 ※ 尚パスポートを持参することを忘れないように

 

では