読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

スワンナプーム空港から『パヤタイ駅』へシティーラインで行く【バンコク】

シティーラインで行くバンコク到着から乗り方

SRTパヤタイ駅画像

今回スワンナプーム空港からこのシティーラインを利用して初めて「パヤタイ駅」まで行った。降りるのもまた初めてである。

終点でもありまたBTS(スカイトレイン)との連絡もしているこの駅、

食事やショッピングなんかでも利便性が高いことに改めて気が付いた次第だ。

また「サイアム」や「ナナ」などにホテルを取ってても案外使えるのがパヤタイ駅でもある。

 

まずは空港駅から見ていきたいと思う。

SPONSOR LINK

 

 

 

スワンナプーム空港駅(Suvarnabhumi Station)

今回は黒丸のスワンナプーム駅からオレンジのパヤタイ駅に向かう。7つ目の駅であり終点になる。

バンコクの都市交通路線図 

f:id:Skyfall:20170224173432j:plain

 

空港の地下一階に空港駅の改札がある。ホームはさらにワンフロア下ることになる。

詳細な乗り場などはこちらを

pattaya-a-gogo.hatenadiary.com

 

シティーラインが動く6時頃には飲食店やコンビニも開いてる

スワンナプーム空港画像

 

高レートの私設両替店が並ぶシティーライン改札付近。バンコク都内と比較しても同じレートだ。

スワンナプームのスーパーリッチ画像

 ホームへはB1の改札口からさらにエスカレーターで下る

SRTスワンナプーム空港駅画像

 

バンコクの始発駅ではまず降車客が全員降りて警備員がチェックする。その後に乗車となる

f:id:Skyfall:20170224201455j:plain

 

パヤタイ駅(Phaya Thai Station) に到着

パヤタイ画像

シティーライン「パヤタイ駅」画像

「マッカサン駅」でかなり降りるのでここまで来ればそれほど混んではいないかった。慌てずにのんびり降りれるのは終点駅のいいところだ。

 

ときおりキャリーバックを引っ張ってる人を見かけるのは、このラインが空港行きだってことを思い出させる。

パヤタイ駅改札画像

 

 

BTS「パヤタイ駅」への連絡は高架回廊で便利

2013年マッカサン駅にも出来た空中回廊、ここパヤタイ駅にもあるので重い荷物を持ってても移動に苦労することはないかと思う。

 

改札を出たら表示に従って進む

パヤタイ駅改札画像

パヤタイ駅改札画像

 正面に見えるのはBTSパヤタイ駅改札と出口だ

BTSパヤタイ駅画像

 

タイ旅行ブログ画像

 

SPONSOR LINK

 

 

終点のパヤタイ駅はBTS「ナナ駅」に行くにも使える

高架通路を移動中に見えるBTSパヤタイ駅のホーム

f:id:Skyfall:20170224212623j:plain

リピーターなら自分の流儀もあるかと思うが、乗り慣れないバンコクの電車だと降りる駅など不安になる旅行者も多いと思う。

だが「パヤタイ」なら終点なので最後まで乗るだけだ。

 

タイ旅行ブログ画像

そこで遠回りにはなるがBTSの「ナナ駅」や「アソーク駅」にホテルを取っててもパヤタイ経由を使うのもありだ。

 

<遠回りだが乗り変えが一回で済む>

スワンナプーム空港駅(シティーライン)

パヤタイ駅(BTSスクンビット線に乗り換え)

ナナ駅及びアソーク駅で下車

 

 

<近回りだが乗り変えは2回>

スワンナプーム空港駅(シティーライン)

マッカサン駅下車

空中回廊を徒歩10分:改札to改札)

ペチャブリー駅(地下鉄MRT)

スクンビット駅(地下鉄MRT)

アソーク駅及びナナ駅(BTSスクンビット線)

 

スクンビット駅から地上に出ればアソーク駅になるので歩くだけだ。

ただしエスカレーターを上がりそこそこ歩くことにはなる。

ナナ駅はここから一駅になる。

 

将来的にはMRTスクンビット駅BTSアソーク駅は同名になるかもしれないとの話しが現在上がってる。

 

  • 早くチェックインしたければ「マッカサン駅」周りだが朝夕の通勤時間帯は車内も混みあう。
  • 早朝にバンコク到着ならば始発に乗ったらバンコク都内入りは7時過ぎで、チェックインにはまだ早い。
  • バンコクの地下鉄は深く改札までも距離があり、スーツケースや大きいリュックなど持ってると尚更移動は楽ではない。

 

そこは各々の旅程と体力なども考えプランを立てるのがいいかと思う。

BTSの車窓からバンコクの街並でも見ながら・・

 

では!

SPONSOR LINK