読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイのsoiでディ&ナイト

タイ旅行が初めてでも楽しんでもらえるタイブログ

パタヤのナイトライフ『ウォーキングストリート』を歩く-【タイ】

WALKING STREET パタヤPATTAYA NIGHTLIFE)2016

パタヤブログ画像

パタヤは目の前にビーチが広がりリゾートの趣きを持っている。

それが独特の妖しい雰囲気を醸しだし夜のリゾート地としても賑わいを見せる。

パタヤブログ画像

 ここはセントラルフェスティバル付近のビーチロード

 

そんな中でも代名詞にもなってる通りがここ、ウォーキングストリートである。

 

SPONSOR LINK

 

 

 

 

パタヤのゴーゴーバー画像

 

世界中の人種が見れると言っても過言ではないウォーキングストリート。

ハイシーズン・ローシーズンあれどまんべんなく人で溢れてる。

自分はいつもローシーズンに行くのだが、やはり空いてるなぁと思っても次の日には混みあってたりする。

スカイスキャナーで航空券比較検索

 

最近では中国人団体客からカップルまで見られるようになり、ある意味で健全なストリートになりつつあるともいえる。

 

また自撮り棒などを振りかざしながら歩くのも彼らに多いようだ。

(混雑してるのでこれは止めてもらいたいものだ)

 

 

ゴーゴーバー(GOGO BAR)

パタヤのゴーゴーバー画像

 

ウォーキングストリートと言えばゴーゴーバーと言えるだろう。それくらい知名度が高く世界中から男が集まる男性中心の遊び場である。

 

パタヤのゴーゴーバー画像

 

入店

最初にドリンクを注文しそれが入場料代わりとなる。

 

客の中には大判振舞いをするものも居れば、一人寂しくビールをなめる者もいる。

スタイルは様々だ。

パタヤのハロウィン画像

ハロウィン時の店頭前のパフォーマンス

 

ちなみに自分はゴーゴー遊びは嫌いではない。

SPONSOR LINK

 

 

 

ライブハウス

パタヤのライブハウス画像

ストリートの中にはバンドが入っていて演奏を聞かせる店もある。

欧米系の客層はこの手の店が好きなようだ。大音響のもと毎晩のように賑わっている。

演奏する曲は70年代以降のハードロックやグランジ系が多いように思う。

ディープパープルやAC/DC、ニルバーナなど。

客層的にマッチする曲なんだろう。

 

路上パフォーマンス

パタヤのパフォーマンス画像

 これは観光客に受けているようだ。人気を博してて常に人だかりがが絶えない。

 

 

イサーンディスコ

タイのイサーン地方の音楽中心にライブを行っているディスコ。演奏の合間にはコントがあったりして、タイ人客には大受けしていた。

 

タイのイサーンディスコ画像

 

イサーンディスコのライブ画像

 

何度か行ったが言葉が分からなくともノリで楽しめた。

とっても便利!キャッシュパスポート

 

 

昼のウォーキングストリート

夜の街にも朝はやって来る。

タイ旅行ブログ画像

 

オープン前の仕込みなどで別の意味で慌ただしさがある。この時間客と言えるのはウォーキングストリート奥のホテルに滞在する観光客が、マッサージや買い物をして戻る姿くらいだろうか。

 

ウォーキングストリートでランチ画像

 

 束の間の休息だ。

 

パタヤ旅行ブログ画像

 

SPONSOR LINK

 

 


にほんブログ村